High Performance Sport Factbook

ハイパフォーマンス・スポーツの情報ポータル

ユーザ用ツール

サイト用ツール


countries:gbr

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
countries:gbr [2019/05/27 21:44]
kawai
countries:gbr [2019/09/12 18:47] (現在)
ライン 18: ライン 18:
 [[http://​ecodb.net/​|世界経済のネタ帳]]より(2017/​08/​21) [[http://​ecodb.net/​|世界経済のネタ帳]]より(2017/​08/​21)
 </​columns>​ </​columns>​
- 
  
  
ライン 36: ライン 35:
  
 === トピック === === トピック ===
-  * 2019/03/11 [[intl>​20139771|ナショナルディレクターがEISの機能について語る]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190325031246/​http://​www.sportsmanagement.co.uk/​Sports-news/​latest/​Were-leaders-not-followers-now-says-EIS-national-director/​341088|Sport Management]]) +  * 2019/03/11 [[intl>​20139771|ナショナルディレクターが語るEISの機能]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190325031246/​http://​www.sportsmanagement.co.uk/​Sports-news/​latest/​Were-leaders-not-followers-now-says-EIS-national-director/​341088|Sport Management]])
-<WRAP box 90% center>​英国スポーツ研究所(EIS)のナショナルディレクターであるNigel Walker氏は、EISは今や世界をリードする国立スポーツ医・科学機関の一つであり、エリートパフォーマンスにおいても充分に実績を残しているとしている。2008年に始まり、2012年の自国開催、2016年でさらに多くのメダルを獲得し、英国はメダルの獲得において成功を収めてきている。- //Sport Management//</​WRAP>​ +
  
  
ライン 46: ライン 43:
 ===== 3. 関連法令 ===== ===== 3. 関連法令 =====
 <wrap danger>​加筆が必要です</​wrap>​ <wrap danger>​加筆が必要です</​wrap>​
- 
  
  
ライン 61: ライン 57:
 === トピック === === トピック ===
   * 2019/02/04 [[intl>​20139727|UKスポーツとEISインテリジェンス・チームが共同でデータ駆動型組織に向けたスタディ・ツアーを実施]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190304095209/​https://​www.eis2win.co.uk/​2019/​02/​04/​uk-sport-and-eis-sport-intelligence-team-collaborate-with-data-driven-organisations-on-study-tour-to-san-francisco/?​fbclid=IwAR1L7Y2eFkaMTefqhaotxwndYm88iGW8Wfl1AJg9ybmr5K7c5VL33IIDZ34|EIS]])   * 2019/02/04 [[intl>​20139727|UKスポーツとEISインテリジェンス・チームが共同でデータ駆動型組織に向けたスタディ・ツアーを実施]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190304095209/​https://​www.eis2win.co.uk/​2019/​02/​04/​uk-sport-and-eis-sport-intelligence-team-collaborate-with-data-driven-organisations-on-study-tour-to-san-francisco/?​fbclid=IwAR1L7Y2eFkaMTefqhaotxwndYm88iGW8Wfl1AJg9ybmr5K7c5VL33IIDZ34|EIS]])
-<WRAP box 90% center>​ツアーは、ナイキ、スタンフォード大学、NASA、ゴールデンステート・ウォリアーズ、サンフランシスコ49ers、いくつかのスポーツ・テックのスタートアップ企業、EA Sports、グローバルデザイン会社のIdeoなど、世界をリードするデータ駆動型組織への訪問で構成された。 
-基本的なテーマは、データ駆動型意思決定の基本と、組織としてよりデータ主導型になるまでの道のりについて。その他には、パフォーマンスに関する意思決定、TIDおよびアスリート育成、ケガの管理と予防、およびその中でのデータの役割、そしてエリートスポーツにおける新しいテクノロジー、スポーツにおけるデータの将来など。- //English Institute of Sport//</​WRAP>​ 
   * 2018/10/05 [[intl>​20138735|英国が今後20年で開催を目指している競技大会を公表]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20181022001737/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2018/​10/​04/​ambitions-laid-out-to-promote-global-britain|UK Sport]]) ​   * 2018/10/05 [[intl>​20138735|英国が今後20年で開催を目指している競技大会を公表]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20181022001737/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2018/​10/​04/​ambitions-laid-out-to-promote-global-britain|UK Sport]]) ​
   * 2018/07/04 [[intl>​20138520|東京2020後の競技支援方針に関する意見を募る]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180903020657/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2018/​06/​04/​uk-sport-launches-public-consultation-on-the-future-funding-of-elite-sport|UK Sport]])   * 2018/07/04 [[intl>​20138520|東京2020後の競技支援方針に関する意見を募る]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180903020657/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2018/​06/​04/​uk-sport-launches-public-consultation-on-the-future-funding-of-elite-sport|UK Sport]])
-<WRAP box 90% center>​UKスポーツは8月から、将来的なエリートスポーツの成功へ向けてパブリックコンサルテーションを開始している。(略)主に協議されるのは以下の課題である。 
-(1) 夏季・冬季のオリンピック・パラリンピックにおいて、メダル獲得の潜在性なども含め、どのように競技やアスリートの投資に関する優先順位を決めていくか。 
-(2) 公共においてどの競技が参加しやすいか、また社会的影響力が強いか。 
-(3) どのように夏季・冬季パラリンピックおよびオリンピック競技の価値を同等に維持していくか。 
-(4) 投資を受けたアスリートを地域や国のロールモデルとして、どう社会へ還元していくか?また投資が比較的少ない、もしくは発展途上であるアスリートおよびスポーツへの支援と潜在的に商業的価値の高いスポーツへの投資について、どのようにバランスをとっていくか。 
-(5) オリンピック・パラリンピックで開催されていない競技を支援の対象とするかどうか。- //UK Sport//</​WRAP>​ 
   * 2018/02/01 [[intl>​20137825|東京2020でのメダル数増加へ向けニュースポーツへの投資を強化]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180308082109/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2018/​02/​01/​new-olympic-and-paralympic-sports-to-receive-national-lottery-funding-for-tokyo-2020|UK Sport]])   * 2018/02/01 [[intl>​20137825|東京2020でのメダル数増加へ向けニュースポーツへの投資を強化]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180308082109/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2018/​02/​01/​new-olympic-and-paralympic-sports-to-receive-national-lottery-funding-for-tokyo-2020|UK Sport]])
 +
   * 2017/03/16 [[intl>​20136284|UKスポーツがオリンピック・パラリンピックでの更なる成功に向けたカンファレンス「Mission East」を開催]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180202130812/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2017/​03/​16/​uk-sport-host-mission-east-conference-to-target-further-olympic-and-paralympic-success|UK Sport]])   * 2017/03/16 [[intl>​20136284|UKスポーツがオリンピック・パラリンピックでの更なる成功に向けたカンファレンス「Mission East」を開催]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180202130812/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2017/​03/​16/​uk-sport-host-mission-east-conference-to-target-further-olympic-and-paralympic-success|UK Sport]])
- 
  
  
ライン 83: ライン 71:
  
 === トピック === === トピック ===
 +  * 2019/06/28 [[intl>​20140243|北京2022に向け、UKスポーツが追加投資]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190826031954/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2019/​06/​28/​further-investment-to-support-beijing-2022-success-confirmed|UK Sport]])
 +
   * 2018/09/07 [[intl>​20138640|UKスポーツからボブスレーへの投資条件として理事らの解職を求める]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180926010733/​https://​www.bbc.com/​sport/​winter-sports/​45437192|BBC]])   * 2018/09/07 [[intl>​20138640|UKスポーツからボブスレーへの投資条件として理事らの解職を求める]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180926010733/​https://​www.bbc.com/​sport/​winter-sports/​45437192|BBC]])
-<WRAP box 90% center>​UK スポーツは英ボブスレー・スケルトン協会(BBSA)に対し、約700万ポンド(約10億円)の投資を行う条件として、全ての理事の解職を要求している。-//​BBC//</​WRAP>​ 
   * 2018/07/02 [[http://​web.archive.org/​web/​20181029103604/​https://​www.bbc.com/​sport/​winter-sports/​44689404|UKスポーツのトップLiz Nichollは北京2022に向けた冬季スポーツへの投資を「良いニュース」と語る]] (BBC)   * 2018/07/02 [[http://​web.archive.org/​web/​20181029103604/​https://​www.bbc.com/​sport/​winter-sports/​44689404|UKスポーツのトップLiz Nichollは北京2022に向けた冬季スポーツへの投資を「良いニュース」と語る]] (BBC)
-<WRAP box 90% center>​UKスポーツのCEO、Liz Nichollは、北京2022に向けたオリンピック・パラリンピック・サイクルで800万ポンド(約11億5,​000万円) の予算削減にも関わらず、冬季スポーツには「良いニュースだ」と語った。(略)「投資額は減ったが、5つのスポーツでメダル獲得の可能性が高まっている。」- //​BBC//</​WRAP>​ 
   * 2018/07/02 [[intl>​20138397|UKスポーツによる北京2022冬季オリンピック・パラリンピックの成功を目指した投資戦略]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180723032237/​https://​www.uksport.gov.uk/​news/​2018/​07/​02/​uk-sport-targets-more-inspirational-winter-olympic-and-paralympic-success-with-beijing-investments|UK Sport]])   * 2018/07/02 [[intl>​20138397|UKスポーツによる北京2022冬季オリンピック・パラリンピックの成功を目指した投資戦略]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180723032237/​https://​www.uksport.gov.uk/​news/​2018/​07/​02/​uk-sport-targets-more-inspirational-winter-olympic-and-paralympic-success-with-beijing-investments|UK Sport]])
-<WRAP box 90% center>​北京2022冬季オリンピック・パラリンピックでの歴史的な成功を目指し、UKスポーツは2400万ポンド(約35億4千万円)の投資を行う。 - //UK Sport//</​WRAP>​ 
   * 2018/07/02 [[https://​archive.li/​6UnPa|UK Sport: 4競技の財政支援を打ち切る;​ Elise Christieには個人的な投資を続ける]] (BBC)   * 2018/07/02 [[https://​archive.li/​6UnPa|UK Sport: 4競技の財政支援を打ち切る;​ Elise Christieには個人的な投資を続ける]] (BBC)
   * 2018/06/04 [[intl>​20138333|UK Sportが将来的なエリートスポーツの投資へ向けパブリック・コンサルテーションを開始]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180703132629/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2018/​06/​04/​uk-sport-launches-public-consultation-on-the-future-funding-of-elite-sport|UKスポーツ]])   * 2018/06/04 [[intl>​20138333|UK Sportが将来的なエリートスポーツの投資へ向けパブリック・コンサルテーションを開始]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180703132629/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2018/​06/​04/​uk-sport-launches-public-consultation-on-the-future-funding-of-elite-sport|UKスポーツ]])
 +
   * 2017/09/19 [[intl>​20137133|英ボブスレーが女子チームへの投資を打ち切り]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20170929035441/​http://​www.bbc.com/​sport/​winter-sports/​41319663|BBC]])   * 2017/09/19 [[intl>​20137133|英ボブスレーが女子チームへの投資を打ち切り]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20170929035441/​http://​www.bbc.com/​sport/​winter-sports/​41319663|BBC]])
   * 2017/08/30 [[intl>​20137030|UKスポーツによるオリ・パラ投資:投資対象から外れた競技団体の反応]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20170911063021/​http://​www.bbc.com/​sport/​olympics/​41101315|BBC]])   * 2017/08/30 [[intl>​20137030|UKスポーツによるオリ・パラ投資:投資対象から外れた競技団体の反応]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20170911063021/​http://​www.bbc.com/​sport/​olympics/​41101315|BBC]])
ライン 96: ライン 84:
  
   * 2015/12/21 [[intl>​20133826|UK sportが企業と連携しデータ解析技術の向上を図る]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180201102826/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2015/​12/​21/​cgi-boost-competitive-advantage-as-official-systems-integration-partner|UK Sport]])   * 2015/12/21 [[intl>​20133826|UK sportが企業と連携しデータ解析技術の向上を図る]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180201102826/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2015/​12/​21/​cgi-boost-competitive-advantage-as-official-systems-integration-partner|UK Sport]])
- 
  
  
ライン 106: ライン 93:
  
 === トピック === === トピック ===
-  * 2018/05/16 [[intl>​20138282|3200万ポンドのエリートスポーツセンター建設開始]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180617051914/​https://​www.thecourier.co.uk/​fp/​news/​local/​dundee/​654435/​building-work-finally-begins-on-dundees-flagship-32-million-elite-sports-centre/​|The Courier]]) +  * 2018/05/16 [[intl>​20138282|新しいエリートスポーツセンターを47億円弱かけてスコットランドに建設]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180617051914/​https://​www.thecourier.co.uk/​fp/​news/​local/​dundee/​654435/​building-work-finally-begins-on-dundees-flagship-32-million-elite-sports-centre/​|The Courier]])
-<WRAP box 90% center>​スコットランドのダンディーに、新たなエリートスポーツセンターが建設される。建設費用はおよそ3200万ポンド(約46億7800万円)。名称は“ケアードパーク・リージョナルパフォーマンスセンター・フォー・スポーツ”とする予定。完成は2019年秋。 - //The Courier//</​WRAP>​ +
  
  
ライン 121: ライン 106:
  
 === トピック === === トピック ===
-  * 2019/03/15 [[intl>​20139808|「睡眠の日」にEISスタッフが睡眠について語る]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190325071051/​https://​www.eis2win.co.uk/​2019/​03/​15/​world-sleep-day-top-tips/​|EIS]]) +  ​* 2019/04/10 [[intl>​20139944|応用バイオメカニスト育成に関するTips]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190625010252/​https://​www.eis2win.co.uk/​2019/​04/​10/​applied-biomechanist-top-tips-for-development/​|EIS]]) 
-<WRAP box 90% center>​睡眠の日だった3月15日、英国スポーツ研究所(EIS)の生理学者であり睡眠の専門家のLuke Gupta氏が睡眠の質について、またEISが東京大会に向け、エリートアスリートたちの睡眠に対する課題をどのように支援しているのかについて語った。- //English Institute of Sport//</​WRAP>​ +  ​* 2019/03/15 [[intl>​20139808|EISスタッフが睡眠について語る]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190325071051/​https://​www.eis2win.co.uk/​2019/​03/​15/​world-sleep-day-top-tips/​|EIS]]) 
-  * 2019/02/13 [[intl>​20139649|寝具専門業者ドリームズと提携し代表チームのリカバリーを支援]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190302070947/​https://​www.teamgb.com/​news/​team-gb-announce-partnership-with-dreams|BOA]]) +  * 2019/02/13 [[intl>​20139649|寝具専門業者ドリームズと提携しチームGBのリカバリーを支援]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190302070947/​https://​www.teamgb.com/​news/​team-gb-announce-partnership-with-dreams|BOA]]) 
-<WRAP box 90% center>​英国選手団、「チームGB」は英国の寝具専門業者ドリームズ(Dreams)と2020年末まで提携することを発表した。- //British Olympic Association//</​WRAP>​ + 
-  * 2018/09/05 [[intl>​20138641|イングランド・スポーツ研究所のパフォーマンスサポートディレクター]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180926010202/​https://​www.eis2win.co.uk/​2018/​09/​05/​eis-appoint-dr-stewart-laing-as-director-of-performance-support/?​utm_source=Twitter&​utm_medium=social&​utm_campaign=SocialSignIn|EIS]]) +  * 2018/09/05 [[intl>​20138641|EISのパフォーマンスサポートディレクターにLaing氏が就任]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180926010202/​https://​www.eis2win.co.uk/​2018/​09/​05/​eis-appoint-dr-stewart-laing-as-director-of-performance-support/?​utm_source=Twitter&​utm_medium=social&​utm_campaign=SocialSignIn|EIS]])
-<WRAP box 90% center>​イングランド・スポーツ研究所(EIS)、パフォーマンスサポートディレクターは運営における責任を伴うだけでなく、英国スポーツ機関のスポーツ科学・医学従事者から構成されるグループ、ヘッド・オブ・パフォーマンス・サポート(HoPS)を指揮し、科学サポートの発展の鍵を握っている。今回、EISのパフォーマンス・サポート・ディレクターにStewart Laing氏が就任した。-//​EIS//</​WRAP>​+
   * 2018/08/28 [[intl>​20138600|アスリートのメンタルヘルス向上をリードするスタッフ]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180905091521/​https://​www.eis2win.co.uk/​2018/​08/​28/​eis-recruiting-head-of-mental-health/​|EIS]])   * 2018/08/28 [[intl>​20138600|アスリートのメンタルヘルス向上をリードするスタッフ]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180905091521/​https://​www.eis2win.co.uk/​2018/​08/​28/​eis-recruiting-head-of-mental-health/​|EIS]])
-<WRAP box 90% center>​英国の競技力向上システム・メンタルヘルス共同グループはメンタルヘルスに関する戦略を策定しており、アスリートのメンタルヘルスと福祉に関する強固な支援の基盤を作っていくとしている。-//​EIS//</​WRAP>​ 
   * 2018/07/26 [[intl>​20138470|英国パラリンピック協会(BPA)とIT Labが提携関係を強化]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180808065617/​https://​paralympics.org.uk/​articles/​bpa-to-benefit-from-closer-links-with-it-lab|British Paralympic Association]])   * 2018/07/26 [[intl>​20138470|英国パラリンピック協会(BPA)とIT Labが提携関係を強化]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180808065617/​https://​paralympics.org.uk/​articles/​bpa-to-benefit-from-closer-links-with-it-lab|British Paralympic Association]])
-<WRAP box 90% center>​英国パラリンピック協会(BPA)は、IT Labを認定テクノロジー・コンサルティング・プロバイダーに任命することを発表した。 
-IT Labは、2010年以来、BPAのテクノロジー戦略やソリューション、とくにサポートサービスの運営、ネット上でのサービス提供などを通して支援してきた。 - //British Paralympic Association//</​WRAP>​ 
   * 2018/03/21 [[intl>​20138046|英政府、エリートスポーツのためのメンタルヘルス・アクションプラン]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180415043104/​https://​www.gov.uk/​government/​news/​government-unveils-mental-health-action-plan-to-improve-support-for-elite-sportspeople|Gov.uk]])   * 2018/03/21 [[intl>​20138046|英政府、エリートスポーツのためのメンタルヘルス・アクションプラン]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180415043104/​https://​www.gov.uk/​government/​news/​government-unveils-mental-health-action-plan-to-improve-support-for-elite-sportspeople|Gov.uk]])
   * 2018/01/16 [[intl>​20137670|EISが東京2020へ向け料理レシピサービス会社と提携]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180127093751/​http://​costsectorcatering.co.uk/​english-institute-sport-partnered-recipe-box-company-mindful-chef-ahead-2020-olympics|Cost Sector Catering]])   * 2018/01/16 [[intl>​20137670|EISが東京2020へ向け料理レシピサービス会社と提携]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180127093751/​http://​costsectorcatering.co.uk/​english-institute-sport-partnered-recipe-box-company-mindful-chef-ahead-2020-olympics|Cost Sector Catering]])
- 
  
  
ライン 145: ライン 125:
 === トピック === === トピック ===
 == 2018 平昌関係 == == 2018 平昌関係 ==
-  * 2018/04/09 [[http://​web.archive.org/​web/​20180808072102/​https://​www.dsmranddtaxcredits.co.uk/​rd-leads-to-winter-olympics-controversy/​|スポーツとRD税制:イギリスのイノベーションが冬季オリンピックの論争につながる]] (dsmR&​DTaxCredits.co.uk)+  * 2018/04/09 [[http://​web.archive.org/​web/​20180808072102/​https://​www.dsmranddtaxcredits.co.uk/​rd-leads-to-winter-olympics-controversy/​|スポーツとR&D税制:英国のイノベーションが冬季オリンピックの論争につながる]] (dsmR&​DTaxCredits.co.uk)
   * 2018/02/16 [[intl>​20137982|英国製スケルトン・スーツが冬季オリンピックで論争を引き起こす]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180402113737/​https://​www.usatoday.com/​story/​sports/​winter-olympics-2018/​2018/​02/​15/​2018-winter-olympics-british-skeleton-suits-create-controversy/​339893002/​|USA Today]])   * 2018/02/16 [[intl>​20137982|英国製スケルトン・スーツが冬季オリンピックで論争を引き起こす]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180402113737/​https://​www.usatoday.com/​story/​sports/​winter-olympics-2018/​2018/​02/​15/​2018-winter-olympics-british-skeleton-suits-create-controversy/​339893002/​|USA Today]])
-  * 2018/02/14 [[http://​web.archive.org/​web/​20180214121937/​http://​www.bbc.co.uk/​sport/​winter-olympics/​43056114|英国のスケルトンスーツはスーパーヒーロー並みのスピードを与えるか?]] (BBC) +  * 2018/02/14 [[http://​web.archive.org/​web/​20180214121937/​http://​www.bbc.co.uk/​sport/​winter-olympics/​43056114|英国のスケルトンスーツはスーパーヒーロー並みのスピードを与えるか?]] (BBC) 
-<WRAP box 90% center>​「国際ボブスレー・スケルトン連盟は、英国スケルトンチームのレース用スーツをチェックした。現在のスーツにルール違反はない」 - //​BBC//</​WRAP>​ +  * 2018/02/12 [[http://​web.archive.org/​web/​20180212180415/​https://​www.theguardian.com/​sport/​2018/​feb/​12/​gb-skeleton-pyeongchang-skin-suits-british-cycling|スケルトン選手に最先端のカスタムスキンスーツを提供]] (the Guardian) 
-  * 2018/02/12 [[http://​web.archive.org/​web/​20180212180415/​https://​www.theguardian.com/​sport/​2018/​feb/​12/​gb-skeleton-pyeongchang-skin-suits-british-cycling|英国スケルトン・ライダーに最先端のカスタムスキンスーツを提供]] (the Guardian) +  * 2018/01/30 [[http://​web.archive.org/​web/​20180808072959/​http://​www.gbshorttrack.org.uk/​short-track-the-sport/​partner-and-sponsors/​gb-short-track-competition-suits|ショートトラックのレーシング・スーツ]] (GB Short Track)
-<WRAP box 90% center>​Yarnoldは先月 Guardianに対し、不特定の「イノベーション」が平昌でオリンピックの表彰台に戻ることを助けると示唆した。「オリンピックまで革新的技術を使うことはなく、レースが終わるとすぐに、それが誰かのバッグに消えて持ち去られる」と付け加えた。しかし、用器具側のこの革新は、私たちが大きな利益を上げられるところです」と述べた。 - //the Guardian//</​WRAP>​ +
-  * 2018/01/30 [[http://​web.archive.org/​web/​20180808072959/​http://​www.gbshorttrack.org.uk/​short-track-the-sport/​partner-and-sponsors/​gb-short-track-competition-suits|英国ショートトラックのレーシング・スーツ]] (GB Short Track) +
-<WRAP box 90% center>​英国ショートトラック・チームのトレーニング用、試合用レーシングスーツは、[[http://​www.sallycowan.com/​|Sally Cowan Limited]]社によって作られています。(略)ファッションデザインで25年の成功を収めたSallyは、2004年にWoolmark、Umbroなどのブランドや、ラフバラ大学のからのスピンオフ会社である Progressive Sports Technologies と協力して、自営のデザインコンサルタントとなりました。(略)最初のステップは、UK Sportの主導によって、Progressive Sports Technologiesと進められました。スポーツはSallyのバックグラウンドではありませんでしたが、2005年に彼らと仕事をする機会が与えられました。彼女の最初のプロジェクトは、GBアーチェリーの男女選手用のシャツ・デザインで(略)その成功が2006年には北京オリンピックに向けた英国サイクリングチームにつながりました。(略)2008年北京におけるサイクリングチームの成功に続いて、Sallyの仕事は UK SportからEISに引き継がれました。2010年には夏のスポーツから冬のスポーツへと注意が向けられ、スケルトンとショートトラックに向けて、より速くより流線形で、より効果的なウェアが提供されました。とくにショートトラックでは空力だけでなく戦術的機動性にも注力されました。2012年には夏スポーツに戻ってカヌーが追加されました。(略)平昌はSallyの6回目のオリンピックとなり、彼女のチームはショートトラック、スケルトン、スラローム、クロスカントリーのウェアを2018年までに製作することになりました。 ​ - //GB Short Track//</​WRAP>​ +
  
  
ライン 165: ライン 141:
  
 ==== コーチ養成プログラム ==== ==== コーチ養成プログラム ====
-  * **[[http://​www.uksport.gov.uk/​our-work/​coaching/​elite-coaching-apprenticeship-programme|Elite Coaching Apprenticeship Programme]]** (ECAP): UK Sportによるハイパフォーマンス・コーチの徒弟システム +  * ** [[http://​www.uksport.gov.uk/​our-work/​coaching/​elite-coaching-apprenticeship-programme|Elite Coaching Apprenticeship Programme]]** (ECAP): UK Sportによるハイパフォーマンス・コーチの徒弟システム 
-  * ** [[http://​web.archive.org/​web/​20190527115637/​https://​www.sportengland.org/​our-work/​workforce/​coaching/​coaching-in-an-active-nation/​|Coaching in Active Nation]] : Sport England+  * ** [[http://​web.archive.org/​web/​20190527115637/​https://​www.sportengland.org/​our-work/​workforce/​coaching/​coaching-in-an-active-nation/​|Coaching in Active Nation]]** : Sport England
  
 === トピック === === トピック ===
   * 2019/04/03 [[intl>​20139906|UKスポーツによるエリートコーチ育成プログラムを9人が修了]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190416020559/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2019/​04/​03/​gb-leading-coaches-graduate-from-uk-sport-elite-programme|UK Sport]])   * 2019/04/03 [[intl>​20139906|UKスポーツによるエリートコーチ育成プログラムを9人が修了]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190416020559/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2019/​04/​03/​gb-leading-coaches-graduate-from-uk-sport-elite-programme|UK Sport]])
-<WRAP box 90% center>​2016年から行われているコーチ育成プログラム、UKスポーツエリートプログラムをイングランドサッカーのマネージャーGareth Southgate氏や、水泳のMel Marshall氏、パラ陸上のヘッドコーチのPaula Dunn氏などが修了した。- //UK Sport//</​WRAP>​ 
   * 2016/11/29 [[intl>​20136070|新しいコーチング計画を発表]] (Sport England)   * 2016/11/29 [[intl>​20136070|新しいコーチング計画を発表]] (Sport England)
-<WRAP box 90% center>​英国のスポーツ・イングランドは、イングランド地方における新しいコーチング計画「Coaching in an Active Nation」を発表した。 
- 計画は、コーチングに対する従来の考え方を見直し、優れたコーチングのメリットをすべての人にもたらすため、誰でも歓迎すること、専門用語を使わずにコミュニケーションをとること、リラックスした環境を提供することを重視している。- //Sport England//</​WRAP>​ 
- 
- 
  
  
ライン 183: ライン 154:
 ===== 10. 競技者発掘・育成システム ===== ===== 10. 競技者発掘・育成システム =====
   * **[[http://​www.uksport.gov.uk/​our-work/​talent-id|UK Sport]]** : Talent ID   * **[[http://​www.uksport.gov.uk/​our-work/​talent-id|UK Sport]]** : Talent ID
 +
 === トピック === === トピック ===
 +  * 2019/05/28 [[intl>​20140048|パスウェイリーダーたちが2017−19の育成プログラムを修了]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190827015114/​https://​www.eis2win.co.uk/​article/​performance-pathway-programme-graduates/​|EIS]])
   * 2019/04/04 [[intl>​20139910|スポーツ・イングランドがタレントプランを発表]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190416021955/​https://​www.sportengland.org/​news-and-features/​news/​2019/​april/​04/​talent-plan-for-england-launched/​|Sport England]])   * 2019/04/04 [[intl>​20139910|スポーツ・イングランドがタレントプランを発表]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190416021955/​https://​www.sportengland.org/​news-and-features/​news/​2019/​april/​04/​talent-plan-for-england-launched/​|Sport England]])
-<WRAP box 90% center>​プランにはタレントに向けた投資における7つの指針と将来的に国際大会で活躍するアスリートの育成をどう支援することができるかについて書かれている。プランは「何を勝つか」と同じように「どのように勝つか」が大事であるとしている。そのため、プランは強化とインクルージョンが並列した目的として掲げられている。- //Sport England//</​WRAP>​+
   * 2018/09/01 [[intl>​20138724|UKスポーツ会長が有望なアスリートたちにウェルビーイングについて講演]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20181022001310/​https://​www.youthsporttrust.org/​news/​dame-katherine-grainger-discusses-athlete-wellbeing-school-games|Youth Sport Trust]])   * 2018/09/01 [[intl>​20138724|UKスポーツ会長が有望なアスリートたちにウェルビーイングについて講演]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20181022001310/​https://​www.youthsporttrust.org/​news/​dame-katherine-grainger-discusses-athlete-wellbeing-school-games|Youth Sport Trust]])
-<WRAP box 90% center>​将来が期待される英国の選手らの出発点ともなる若年アスリートの総合競技大会2018年スクールゲームズに参加する1000人以上のアスリートに対し、自身のウェルビーイング(健康)を害してまでメダルや成功を追い求めるのが果たして正しいかどうかについてUKスポーツ会長Dame Katherine Grainger氏が講演した。- //Youth Sport Trust//</​WRAP>​ 
  
 === 個別競技の育成プログラム === === 個別競技の育成プログラム ===
ライン 194: ライン 166:
  
 == 水泳 == == 水泳 ==
 +  * 2019/08/17 [[intl>​20140431|シェフィールドが有望な競泳選手の競技と学業をサポート=スイム・イングランド]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190827014219/​https://​swimswam.com/​swim-england-announces-sheffield-as-6th-national-performance-centre/​|Swim Swam]])
   * 2018/04/04 [[intl>​20138122|スイム・イングランドが大学との関係強化へ向けたパフォーマンスセンター・プロジェクトを発表]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180509022832/​http://​www.sportsmanagement.co.uk/​Sports-news/​latest/​Swim-England-to-launch-performance-centre-network-linked-to-universities/​336988|Sports Management]])   * 2018/04/04 [[intl>​20138122|スイム・イングランドが大学との関係強化へ向けたパフォーマンスセンター・プロジェクトを発表]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180509022832/​http://​www.sportsmanagement.co.uk/​Sports-news/​latest/​Swim-England-to-launch-performance-centre-network-linked-to-universities/​336988|Sports Management]])
  
ライン 201: ライン 174:
 == テニス == == テニス ==
   * 2018/08/15 [[intl>​20138507|スムーズな選手育成パスウェイ構築のためのアカデミーを設置=英テニス協会]] ([[https://​archive.fo/​F2rHi|Leisure Opportunities]])   * 2018/08/15 [[intl>​20138507|スムーズな選手育成パスウェイ構築のためのアカデミーを設置=英テニス協会]] ([[https://​archive.fo/​F2rHi|Leisure Opportunities]])
-<WRAP box 90% center>​英テニス協会(LTA)は新たな10年間の方針として、ナショナルアカデミーと地域選手育成センター(RPDCs)を設置する計画を発表した。すでに、最初の2つのナショナルアカデミーは、テニス・スコットランドが拠点とするスターリン大学とラフバラ大学に決定している地域選手育成センターは11ヵ所に設置される予定。また、残り10ヵ所のアカデミーも2019年9月には運営を開始するとしている。- //Leisure Opportunities//</​WRAP>​ 
   * 2018/06/12 [[intl>​20138345|英テニス協会が次世代アスリート向けの新たなパフォーマンス・パスウェイを発足]] ([[https://​archive.fo/​JROIW|EuroSport]])   * 2018/06/12 [[intl>​20138345|英テニス協会が次世代アスリート向けの新たなパフォーマンス・パスウェイを発足]] ([[https://​archive.fo/​JROIW|EuroSport]])
-<WRAP box 90% center>​英テニス協会(LTA)は、2019年よりスターリン大学およびラフバラ大学のナショナルアカデミーにおいて、才能ある若手アスリートに新たなパフォーマンス・パスウェイを用意し、特別トレーニングを開始すると発表した。 - //​EuroSport//</​WRAP>​ 
- 
- 
  
  
ライン 215: ライン 184:
  
 === トピック === === トピック ===
-  * 2019/02/26 [[intl>​20139737|アスリートがキャリアについて考える利点を広める取組を実施]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190307124044/​https://​www.eis2win.co.uk/​2019/​02/​26/​more2me-press-release/​|EIS]]) +  ​* 2019/09/04 [[http://​web.archive.org/​web/​20190912092211/​https://​netimesmagazine.co.uk/​editorial/​the-tass-master/?​fbclid=IwAR3k0aUGUhJM9A_SPXENM1zsbbeJz4XazQtvcO0KkPwAk4j5Hy4ph35Dw5E|The TASS-Master:​ Guy Taylor]] (North East Times) 
-<WRAP box 90% center>​英国のオリンピック・パラリンピックの金メダリストと、Mims Davies スポーツ大臣は、アスリートが競技後の人生プランを立てる利点について認識し、スポーツと人生のバランスをより良くするための新たな取組 #More2Me を支援している。(略)スポーツと人生のバランスを早い段階から考える利点については、ハイパフォーマンス・スポーツ界で広く知られているが、最近の調査ではパフォーマンス・ライフスタイル・サービスを受けることで競技力の向上に繋がるというエビデンスも出始めている。- //English Institute of Sport//</​WRAP>​+  ​* 2019/02/26 [[intl>​20139737|アスリートがキャリアについて考えるメリットを広める取組 ​#More2Me]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190307124044/​https://​www.eis2win.co.uk/​2019/​02/​26/​more2me-press-release/​|EIS]])
   * 2018/01/18 [[intl>​20137790|メンタルヘルスの専門家ネットワークが学生アスリートを支援]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180308041111/​https://​www.tass.gov.uk/​2018/​01/​18/​mental-health-experts/​|TASS]])   * 2018/01/18 [[intl>​20137790|メンタルヘルスの専門家ネットワークが学生アスリートを支援]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180308041111/​https://​www.tass.gov.uk/​2018/​01/​18/​mental-health-experts/​|TASS]])
   * 2017/09/08 [[intl>​20137096|新たなデュアルキャリア認定プログラムを開始]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20170927071424/​https://​www.tass.gov.uk/​2017/​09/​08/​dual-career-accreditation/​|TASS]])   * 2017/09/08 [[intl>​20137096|新たなデュアルキャリア認定プログラムを開始]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20170927071424/​https://​www.tass.gov.uk/​2017/​09/​08/​dual-career-accreditation/​|TASS]])
ライン 222: ライン 191:
 == サッカー == == サッカー ==
   * 2018/09/06 [[intl>​20138645|有望な選手のデュアルキャリアをアカデミーで支援]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180926011937/​https://​www.tass.gov.uk/​2018/​09/​06/​the-fa-tass/​|TASS]])   * 2018/09/06 [[intl>​20138645|有望な選手のデュアルキャリアをアカデミーで支援]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180926011937/​https://​www.tass.gov.uk/​2018/​09/​06/​the-fa-tass/​|TASS]])
-<WRAP box 90% center>​イングランド女子サッカーの次世代を担う有望選手たちは、学問などの競技パフォーマンス以外の問題に対し、専門スタッフのサポートを受けることができるようになる。- //​TASS//</​WRAP>​+
  
  
ライン 235: ライン 204:
 ==== その他の総合競技大会 ==== ==== その他の総合競技大会 ====
   * 1991 第16回 ユニバーシアード競技大会 ([[wpjp>​シェフィールド]])   * 1991 第16回 ユニバーシアード競技大会 ([[wpjp>​シェフィールド]])
- 
  
  
ライン 247: ライン 215:
 ^ [[wp>​2014_Winter_Olympics_medal_table|2014 ソチ・オリンピック]] ​                                                                                                                                       |    19位 |   1 |   1 |   2 |    4 | ^ [[wp>​2014_Winter_Olympics_medal_table|2014 ソチ・オリンピック]] ​                                                                                                                                       |    19位 |   1 |   1 |   2 |    4 |
 ^ [[https://​ja.wikipedia.org/​wiki/​%E3%82%BD%E3%83%81%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF|2014 ソチ・パラリンピック]] ​                                                          ​| ​   10位 |   1 |   3 |   2 |    6 | ^ [[https://​ja.wikipedia.org/​wiki/​%E3%82%BD%E3%83%81%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF|2014 ソチ・パラリンピック]] ​                                                          ​| ​   10位 |   1 |   3 |   2 |    6 |
- 
  
  
ライン 256: ライン 223:
 <wrap danger>​加筆が必要です</​wrap>​ <wrap danger>​加筆が必要です</​wrap>​
 ==== リオ・オリンピック・メダル獲得競技/種別 ==== ==== リオ・オリンピック・メダル獲得競技/種別 ====
 +
 ==== リオ・パラリンピック・メダル獲得競技/種別 ==== ==== リオ・パラリンピック・メダル獲得競技/種別 ====
 +
 ==== ソチ・オリンピック・メダル獲得競技/種別 ==== ==== ソチ・オリンピック・メダル獲得競技/種別 ====
 ^  競技/種別 ​ ^  金  ^  銀  ^  銅  ^  計  ^ ^  競技/種別 ​ ^  金  ^  銀  ^  銅  ^  計  ^
ライン 264: ライン 233:
  
 ==== ソチ・パラリピック・メダル獲得競技/種別 ==== ==== ソチ・パラリピック・メダル獲得競技/種別 ====
- 
  
  
ライン 272: ライン 240:
 ===== 15. アンチ・ドーピング ===== ===== 15. アンチ・ドーピング =====
   * 2017/12/14 [[intl>​20137489|フルームが陽性反応 自転車のツール4度制覇]] (共同通信)   * 2017/12/14 [[intl>​20137489|フルームが陽性反応 自転車のツール4度制覇]] (共同通信)
- 
- 
  
  
ライン 282: ライン 248:
   * 2018/03/26 [[intl>​20138064|英サイクリングが新たなリーダーシップ・ロールを発表]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180509005724/​https://​www.insidethegames.biz/​articles/​1063124/​new-leadership-roles-created-by-british-cycling-to-demonstrate-change|Inside the Games]])   * 2018/03/26 [[intl>​20138064|英サイクリングが新たなリーダーシップ・ロールを発表]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180509005724/​https://​www.insidethegames.biz/​articles/​1063124/​new-leadership-roles-created-by-british-cycling-to-demonstrate-change|Inside the Games]])
   * 2018/01/19 [[intl>​20137792|英国とフランスが八百長および汚職問題対処における同意書に署名]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180202145135/​https://​www.gov.uk/​government/​news/​uk-and-france-sign-new-agreements-to-tackle-corruption-and-match-fixing-in-sport|gov.uk]])   * 2018/01/19 [[intl>​20137792|英国とフランスが八百長および汚職問題対処における同意書に署名]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180202145135/​https://​www.gov.uk/​government/​news/​uk-and-france-sign-new-agreements-to-tackle-corruption-and-match-fixing-in-sport|gov.uk]])
- 
- 
  
  
ライン 290: ライン 254:
  
 ===== 17. 関連記事 ===== ===== 17. 関連記事 =====
-==== 2022 北京関係 ​==== +== 2020 東京関係 == 
-=== ボブ・スケルトン/スケルトン === +  * 2019/07/23 [[intl>​20140337|英国が東京2020では大幅にメダル数を落とすと予想]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190827014559/​https://​www.bbc.com/sport/olympics/49081756|BBC]]) 
-  * 2018/08/10 [[http://​web.archive.org/​web/​20180810140802/​https://​www.insidethegames.biz/articles/1068621/british-skeleton-performance-director-steps-down-after-overseeing-period-of-unprecedented-winter-olympic-success|前例のない冬季オリンピックでの成功を見届け、英国スケルトンのパフォーマンス・ディレクターが退任]] (Inside the Games+  * 2019/03/14 [[intl>20139807|専門家が集まカンファレンスを開催]] ([[http://web.archive.org/web/​20190325065953/​https://​www.eis2win.co.uk/2019/03/​14/​eis-at-the-uk-paralympic-performance-conference/​|EIS]])
-<WRAP box 90% center>Andi Schmid氏は英国スケルトンで17年間務めたフォーマン・ディレクターの役割を離れと発表された。オートリア人である彼は2001年チームに加わり、平昌2018でLizzy Yarnoldの金、Dom Parsonsの銀、Laura Deesの銅というメダルのハットトリック含む英国冬季オリンピックにおける前例のない成功を監督した。 - //Inside the Games//</WRAP>+
  
-=== スケート/スピードスケート === 
-  * 2018/02/22 [[https://​archive.is/​ejZdW|エリス・クリスティが海外に移転してロングトラックで2022オリンピックをめざすか検討中]] (Mail) 
- 
- 
- 
- 
- 
-==== 2020 東京関係 ==== 
-  * 2019/03/14 [[intl>​20139807|パラスポーツの専門家が集まるカンファレンスを開催]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20190325065953/​https://​www.eis2win.co.uk/​2019/​03/​14/​eis-at-the-uk-paralympic-performance-conference/​|EIS]]) 
-<WRAP box 90% center>​パラリンピック競技大会への準備を支援するため、200人以上のパラリンピック競技の専門家やサポートスタッフがマンチェスターで開かれたUKパラリンピックパフォーマンスカンファレンスに集まった。カンファレンスは英国スポーツ研究所(EIS)とUKスポーツ、英国パラリンピック委員会(BPA)の共催とラフバラ大学にあるPeter Harrison Centreからの支援で行われ、ロンドン2012以降、4度目のパラスポーツの専門家がハイパフォーマンスシステムから集まる大きな機会となった。- //English Institute of Sport//</​WRAP>​ 
   * 2018/09/13 [[intl>​20138669|東京2020に向けた極限環境への対処についてのワークショプ]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180926013404/​https://​www.eis2win.co.uk/​2018/​09/​13/​eis-hosts-adapting-to-extreme-environments-workshop-ahead-of-tokyo-2020/​|EIS]])   * 2018/09/13 [[intl>​20138669|東京2020に向けた極限環境への対処についてのワークショプ]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180926013404/​https://​www.eis2win.co.uk/​2018/​09/​13/​eis-hosts-adapting-to-extreme-environments-workshop-ahead-of-tokyo-2020/​|EIS]])
-<WRAP box 90% center>​イングランド・スポーツ研究所(EIS)は、英国オリンピック委員会(BOA)、英国パラリンピック委員会(BPA)と共同で、「極限環境への適応:東京2020に向けた対策」というワークショップを開催した。このようなワークショップを開催するのは初めてのことで、複数の異なる競技からの参加があった。- //​EIS//</​WRAP>​ 
   * 2018/05/25 [[https://​archive.li/​IU30J|20年東京パラリンピック 英国事前キャンプ 横浜、川崎で 慶大含む 4者が覚書/神奈川]] (毎日新聞)   * 2018/05/25 [[https://​archive.li/​IU30J|20年東京パラリンピック 英国事前キャンプ 横浜、川崎で 慶大含む 4者が覚書/神奈川]] (毎日新聞)
 +
   * 2017/11/22 [[intl>​20137454|英国オリンピック・パラリンピックチームが東京および平昌でさらなる飛躍を狙う]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180201145437/​http://​aroundtherings.com/​site/​A__62119/​Title__British-Olympic-and-Paralympic-athletes-on-track-for-more-success-in-Tokyo-and-PyeongChang/​292/​Articles|Around the Rings]])   * 2017/11/22 [[intl>​20137454|英国オリンピック・パラリンピックチームが東京および平昌でさらなる飛躍を狙う]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180201145437/​http://​aroundtherings.com/​site/​A__62119/​Title__British-Olympic-and-Paralympic-athletes-on-track-for-more-success-in-Tokyo-and-PyeongChang/​292/​Articles|Around the Rings]])
  
-=== バスケットボール === +== 2018 平昌関係 ==
-  * 2018/07/06 [[http://​web.archive.org/​web/​20180706144244/​http://​aroundtherings.com/​site/​A__63948/​Title__UK-Sport-statement-on-British-Basketball/​292/​Articles|英国バスケットボールに関するUKスポーツの声明]] (Around the Rings) +
-<WRAP box 90% center>​英国バスケットボールが、ガバナンスおよび将来の財政的な持続可能性に関する団体協約に達することができなかったことは、非常に残念です。 - //UK Sport CEO Liz Nicholl//</​WRAP>​ +
-  * 2018/07/06 [[http://​web.archive.org/​web/​20180706145107/​http://​aroundtherings.com/​site/​A__63946/​Title__Independent-directors-resign-from-British-Basketball-board/​292/​Articles|英国バスケットボールの独立ディレクターが理事を辞任]] (Around the Rings) +
- +
-=== サッカー === +
-  * 2018/10/03 [[http://​web.archive.org/​web/​20181004080314/​https://​www.jiji.com/​jc/​article?​k=20181003037729a&​g=afp|東京五輪でサッカー女子英国代表結成へ、FIFA発表]] (AFP) +
-<WRAP box 90% center>​統括団体のFIFAは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4協会から、女子英国代表チームとして東京五輪の出場権獲得を目指す意向を示す書簡を受け取ったと述べた。 +
- 今回の合意について、FIFAは女子チームのみに適用されるものであり、男子チームは該当しないと強調している。- //​AFP//</​WRAP>​ +
-=== セーリング === +
-  * 2018/05/25 [[http://​web.archive.org/​web/​20180530074522/​https://​www.townnews.co.jp/​0503/​2018/​05/​25/​433484.html|英セーリングチーム 葉山での合宿協定延長]] (タウンニュース) +
- +
- +
- +
- +
- +
- +
-==== 2018 平昌関係 ​====+
   * 2018/02/26 [[intl>​20137981|英国チームの結果は国営くじによるもの]] ([[https://​archive.li/​GK2BO|UK Sport]])   * 2018/02/26 [[intl>​20137981|英国チームの結果は国営くじによるもの]] ([[https://​archive.li/​GK2BO|UK Sport]])
   * 2018/01/09 [[intl>​20137587|UKスポーツの平昌2018での目標は過去最高の結果]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180115020006/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2018/​01/​09/​uk-sport-targets-best-ever-winter-games-in-pyeongchang|UK Sport]])   * 2018/01/09 [[intl>​20137587|UKスポーツの平昌2018での目標は過去最高の結果]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180115020006/​http://​www.uksport.gov.uk/​news/​2018/​01/​09/​uk-sport-targets-best-ever-winter-games-in-pyeongchang|UK Sport]])
- 
   * 2017/11/22 [[intl>​20137454|英国オリンピック・パラリンピックチームが東京および平昌でさらなる飛躍を狙う]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180201145437/​http://​aroundtherings.com/​site/​A__62119/​Title__British-Olympic-and-Paralympic-athletes-on-track-for-more-success-in-Tokyo-and-PyeongChang/​292/​Articles|Around the Rings]])   * 2017/11/22 [[intl>​20137454|英国オリンピック・パラリンピックチームが東京および平昌でさらなる飛躍を狙う]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180201145437/​http://​aroundtherings.com/​site/​A__62119/​Title__British-Olympic-and-Paralympic-athletes-on-track-for-more-success-in-Tokyo-and-PyeongChang/​292/​Articles|Around the Rings]])
- 
-=== ボブスレー === 
-  * 2017/09/19 [[intl>​20137133|英ボブスレーが女子チームへの投資を打ち切り]] ([[http://​web.archive.org/​web/​20180202125633/​http://​www.bbc.com/​sport/​winter-sports/​41319663|BBC Sport]]) 
- 
-=== カーリング === 
-  * 2018/02/01 [[intl>​20137705|時差なく、設備も充実 海外勢が日本で直前合宿]] (共同通信) 
- 
-=== スケート/ショートトラック === 
-  * 2018/02/22 [[http://​web.archive.org/​web/​20180222133306/​http://​www.afpbb.com/​articles/​-/​3163498?​pid=19850570|呪われた? 「最も不運な五輪選手」、出場全種目で転倒か失格に]] (AFP) 
- 
- 
- 
- 
- 
- 
- 
- 
- 
- 
- 
  
  
countries/gbr.txt · 最終更新: 2019/09/12 18:47 (外部編集)