High Performance Sport Factbook α

ハイパフォーマンス・スポーツの情報ポータル

ユーザ用ツール

サイト用ツール


countries:nzl

NZL/ニュージーランド


1. 国の概要

面積 268,838.00 (km2) 75 位
人口 475 (万人) 117 位
首都 ウェリントン
言語 英語,マオリ語
名目GDP 1,817.1 (億USD)/38,277.93 (USD/人) 53 位/23位
通貨 ニュージーランド・ドル(NZD

その他: 外務省・基礎データ

世界経済のネタ帳より(2018/01/27)

2. スポーツ組織の構造

トピック

ニュージーランドのスポーツ統括組織、ハイパフォーマンススポーツ・ニュージーランド(HPSNZ)は、ハイパフォーマンススポーツシステムの強化と継続的な成功に導くリーダーとなるゼネラルマネジャーを募集している。今回募集されている役職では、HPSNZの競技力向上チームのリーダー、コーチ・アスリート育成、リーダー育成、事業開発チームなどを戦略的に、優先順位などを決めながらまとめていくことが求められている。また、HPSNZの戦略プランに基づき、国際的なパフォーマンスの成果を出すためのHPSNZの競技力向上を目的とした投資の主導、実施、評価を行なっていくこととなる。-Global Elite

ハイパフォーマンス・ニュージーランドは東京2020オリンピックに向け、より洗練された組織体制で、競技団体との連携を強固にしていくため、組織の見直しを行う。(略)ニュージーランドでは最近、主要なコーチやハイパフォーマンスマネージャーが相次いで競技団体から辞任している。(略)ハイパフォーマンス・ニュージーランドは、スポーツの価値を再度示し、メダルや勝利を求めるあまりアスリートの福祉を損なっていたのではないかという問いに対応しなければならない状況に置かれている。- NZ Herald

3. 関連法令

加筆が必要です

4. 強化戦略・強化プラン

加筆が必要です

トピック

スポーツニュージーランド(Sport NZ)のCEO、Peter Miskimmin氏は6月22日、アスリートに対する現行のハイパフォーマンス戦略およびアプローチでは、アスリートやスポーツ団体が掲げる目標や目的を果たすことができないとの見方を示した。ニュージーランドスポーツ界では近年、アスリートを取り巻く環境について不満が多くみられる。 - Australasian Leisure Management

5. 強化予算

加筆が必要です

トピック

6. トレーニング拠点

加筆が必要です

7. 医・科学サポート

加筆が必要です

8. 研究開発(R&D)

加筆が必要です

9. コーチ組織・資格制度

加筆が必要です

10. 競技者発掘・育成システム

加筆が必要です

トピック

ハーベイ・ノーマン・パラアスリート育成プログラムのパラリンピック・ニュージーランドPathway to Podiumキャンプ(PNZ P2Pキャンプ)が行われた。3日間行われたこのキャンプには、17人の有望パラアスリートと10人のパラスポーツコーチ、8競技のパラスポーツ事業のリーダーが参加した。- Paralympic New Zealand

ハイパフォーマンススポーツ・ニュージーランド(HPSNZ)とトライアスロン・ニュージーランドはタレント発掘・育成事業Pathway to Podium(P2P)への参加受付を5月に開始し、申し込みのあった48名の中から5名の合格者を発表した。以前のPathway to Podiumはそれぞれの地域で実施されていたが、現在はHPSNZがトライアスロンなどの対象競技に対し、アスリートの数をより限定しハイパフォーマンスセンターで実施している。- NZ Herald

ニュージーランド・ラグビー(NZR)は、新たなタレント発掘イベント“イグナイト7(Ignite7)”を発足、次世代のスーパースターを探す。11月21日からスタートするこの新たなイベントでは、スカウトされた男女それぞれ48名が4日間のキャンプを行う。そこでスキルや身体能力をテストしたうえで生き残りをかけたトーナメント(最終日)に挑む。ちなみにこのトーナメントはテレビ放送も行う。 - All Blacks

11. キャリア支援

加筆が必要です

12. 総合競技大会開催実績

加筆が必要です

13. 直近大会の成績

加筆が必要です

夏季大会

大会名 金ランク
2016 リオ・オリンピック
2016 リオ・パラリンピック

冬季大会

14. 主要競技/種別

加筆が必要です

15. アンチ・ドーピング

16. インテグリティ

17. 関連記事

2020 東京関係

水泳/競泳

陸上競技

2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、陸上競技のニュージーランド代表が佐賀市で事前キャンプをすることが決まり、佐賀県と佐賀市は7日、ニュージーランド陸上競技連盟と覚書を締結した。五輪開幕の約1カ月前から佐賀市内で合宿に入り、本番に向けて調整する。- 佐賀新聞

ウエイトリフティング

2018 平昌関係

スケート/スピードスケート

2016 リオ関係

countries/nzl.txt · 最終更新: 2018/10/27 16:14 (外部編集)