High Performance Sport Factbook α

ハイパフォーマンス・スポーツの情報ポータル

ユーザ用ツール

サイト用ツール


countries:rus

RUS/ロシア連邦


1. 国の概要

面積 17,098,242 (km2) 1位
人口 1億4,344 (万人) 9位
首都 モスクワ
言語 ロシア語
名目GDP 1,280.73 (億USD)/8,945.64 (USD/人) 12位/70位
通貨 ロシア・ルーブル(RUB

その他: 外務省・基礎データ

世界経済のネタ帳より(2017/08/21)

2. スポーツ組織の構造

加筆が必要です

公式メディア

トピック

3. 関連法令

加筆が必要です

4. 強化戦略・強化プラン

加筆が必要です

トピック

今回、ロシアの選手は、ソチ五輪でのドーピング・スキャンダルの影響で、中立旗の下でのみの参加が認められたわけだが、それでも成功を収めた場合には、プーチン政府によって報奨金が支給される。金メダリストには、400万RUB(5万6,700EUR=約738万円)が支給されるが、それだけでは終わらない。オリンピック勝者には、高級車も贈られる。 - Mitteldeutsche Zeitung

5. 強化予算

加筆が必要です

6. トレーニング拠点

加筆が必要です

7. 医・科学サポート

加筆が必要です

8. 研究開発(R&D)

加筆が必要です

9. コーチ組織・資格制度

加筆が必要です

10. 競技者発掘・育成システム

加筆が必要です

11. キャリア支援

加筆が必要です

12. 総合競技大会開催実績

オリンピック・パラリンピック

  • 1980 第22回 オリンピック競技大会 (モスクワ) ※ソ連時代
  • 2014 第22回 オリンピック冬季競技大会 (ソチ

その他の総合競技大会

  • 1973 第 7回 ユニバーシアード競技大会 (モスクワ) ※ソ連時代
  • 2013 第27回 ユニバーシアード競技大会 (カザン

13. 直近大会の成績

大会名 金ランク
2016 リオ・オリンピック 4位 19 17 19 55
2016 リオ・パラリンピック −位
2014 ソチ・オリンピック 1位 11 9 9 29
2014 ソチ・パラリンピック 1位 30 28 22 80

※2016 リオ・パラリンピックは、組織的ドーピングに対する制裁として出場資格を得られず。

14. 主要競技/種別

加筆が必要です

リオ・オリンピック・メダル獲得競技/種別

リオ・パラリンピック・メダル獲得競技/種別

ソチ・オリンピック・メダル獲得競技/種別

競技/種別
スケート/フィギュアスケート 3 1 1 5
スケート/ショートトラック 3 1 1 5
スキー/スノーボード 2 1 1 4
スキー/クロスカントリー 1 3 1 5
ボブ/スケルトン 1 0 1 2
バイアスロン 1 0 1 2
リュージュ 0 2 0 2
スケート/スピードスケート 0 1 2 3
スキー/フリースタイル 0 0 1 1

※ 2018/02/05現在

ソチ・パラリピック・メダル獲得競技/種別

15. アンチ・ドーピング

世界反ドーピング機関(WADA)は14日、資格を停止しているロシア反ドーピング機関(RUSADA)について、コンプライアンス(法令順守)審査委員会から資格回復の提案を受けたと発表した。20日の理事会で審議する。- 共同通信

OCAは国籍取得後3年間は新たな国を代表しての大会参加を認めていないが、今大会の選手登録手続きでは引っかからなかった。他国から規定に抵触すると指摘があったという。ウズベキスタンの関係者によるとUCIは既に国籍変更後の試合出場を許可している。- 日刊スポーツ

バイアスロンの Ekaterina Beh、Anastasiya Rasskazova、Oksana Moskalenkoの3名は、国際舞台での成功可能性を高めるために、ロシアからウクライナへの国籍の切り替えを計画している。- Inside the Games

Olga Zabelinskaya (38)は、2020年東京オリンピックから閉め出される恐れがあるため、ロシアからウズベキスタンへの国籍変更の計画を発表した。 - Inside the Games

国際オリンピック委員会(IOC)は27日、ロシアの国ぐるみのドーピング問題を受けて2014年ソチ冬季五輪で採取した同国選手の検体を再検査した結果、ボブスレー男子4人乗りで金メダルを獲得したアレクセイ・ネゴダイロとドミトリー・トルネンコフら5選手の違反を認定して失格処分とし、五輪から永久追放すると発表した。  バイアスロン女子24キロリレーで銀メダルメンバーのイアナ・ロマノワとオリガ・ビルヒナも含まれ、一連の処分者は計19人となった。メダルは剥奪される。- 共同通信

国際オリンピック委員会(IOC)は24日、ロシアの国ぐるみのドーピング問題を受けて2014年ソチ冬季五輪で採取した同国選手の検体を再検査した結果、開会式でロシア選手団の旗手を務めたボブスレー男子2人乗り金メダルのアレクサンドル・ズブコフら4選手の違反を認定して失格処分とし、五輪から永久追放すると発表した。スピードスケート女子で小平奈緒(相沢病院)が5位に入った500メートルの銀メダリスト、オリガ・ファトクリナも含まれ、一連の処分者は計14人となった。- 共同通信

16. インテグリティ

17. 関連記事

2022 北京関係

スケート/フィギュアスケート

2018 平昌関係

ボブスレー・スケルトン

アイスホッケー

スケート/フィギュアスケート

スケート/スピードスケート

スケート/ショートトラック

countries/rus.txt · 最終更新: 2018/09/28 09:41 (外部編集)