High Performance Sport Factbook α

ハイパフォーマンス・スポーツの情報ポータル

ユーザ用ツール

サイト用ツール


sports:gymnastics:gymnastics_ar

Gymnastics Artistic/体操・体操競技


1. 国際統括団体 (IF)

» Gymnastics/体操 のページへ

2. 日本の統括団体 (NF)

» Gymnastics/体操 のページへ

3. IFランキング

加筆が必要です

4. 直近のオリンピックの結果

加筆が必要です

5. 直近のオリンピック・メダリスト

加筆が必要です

6. IF主要競技大会

加筆が必要です

7. 直近のIF主要競技大会の結果

加筆が必要です

8. ルール変更

加筆が必要です

9. 研究開発 (R&D) /テクノロジー

加筆が必要です

10. アンチ・ドーピング

加筆が必要です

11. インテグリティ

加筆が必要です

12. IF関連記事

2020 東京関係

13. NF関連記事

2016年リオデジャネイロ五輪体操女子代表の宮川紗江選手が練習中に暴力を受けたもののパワハラではないとの認識を示し、速見佑斗コーチの無期限登録抹消の処分に疑義を示した問題で、日本体操協会は29日、「指導者による暴力行為を認定したときは被害者が暴力を許容したとしても、協会として許容することはない」との見解を発表した。宮川選手は同日午後に記者会見し、協会も同日夜に会見を開く。- 産経新聞

体操女子日本代表候補で2016年リオデジャネイロ五輪に団体戦4位の宮川紗江(18=レインボー)が21日、暴力行為による無期限の登録抹消と味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)での活動禁止処分を日本体操協会から科せられた速見佑斗コーチ(34)について、「パワハラされたと感じていません」と直筆文書を発表した。 - 日刊スポーツ

日本体操協会は15日、指導中の女子選手に対する暴力行為があったとして、速見佑斗・元コーチ(34)に同日からの無期限登録抹消処分を科したと発表した。味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)での活動も禁止となる。同協会によると、速見元コーチは、2016年リオデジャネイロ五輪代表で今秋の世界選手権代表候補にも選ばれている女子選手(18)に対し、顔をたたくなどの行為があった。時期は明らかにされていない。目撃した他の指導者から報告があり、同協会が聞き取り調査を行ったところ、速見元コーチが事実を認めた。- 讀賣新聞

14. 主要国の関連記事

加筆が必要です

sports/gymnastics/gymnastics_ar.txt · 最終更新: 2018/09/10 19:04 (外部編集)